見つける!自分の定期的な歯科受診の第一歩

歯医者の定期健診のススメ

予防が導くお口トラブル解決策!

一日何回も歯を磨いているからといって、お口の中が健康で清潔に保たれているとは限りません。 市販の歯ブラシ1本で磨ける歯の範囲には限界があって、歯間ブラシや電動歯ブラシなど様々な道具を使って歯間まで磨き続けるのは至難の技ですよね。歯周病になる原因とになりにくい歯になるための予防のポイントをご紹介します。

定期検診のチェック内容とは

定期的な歯科の受診では基本的なチェック内容があります! また、受診前にはお口の状態がわかりやすいように、できるだけ清潔な状態な歯を歯科衛生士さんに見てもらう必要があります。 ここでチェックポイントを確認しておくことで、受診前の不安と自分でできるだけ歯の汚れを取り除いておきましょう。

初めてでも見つかる受診への第1歩

「病院」というと、どこでも悩ましいのが通院時間や病院内での待ち時間なども一つではないでしょうか。 ここでは、様々な年代やライフスタイルに合わせた受診に踏み切る第1歩となるような歯医者さんの情報とトラブルを未然に防ぐポイントをご紹介していきます。

そのトラブル定期検診で解決できるの?

自分の歯で美味しく食事を続けていくには、健康的な歯や口腔環境を整えることが不可欠です。
また、お口のケアは体全体の健康に繋がる大切なケアのひとつですが、「歯医者さんに行かなくても、歯が痛くなることもないし特に気にならない。」または、「虫歯や歯周病を予防したい」とは思っていても通院が面倒に思う方も少なくありません。

歯医者さんは痛くなった歯を治すことや歯周病などの病気を解決する役割だけではなく、お口の健康を守るために治療をはじめとして、一人一人の口腔環境やライフスタイルに合わせた歯科医師から日常的に口の健康を守るためのアドバイスも提供していきます。

日本は、世界でも有数の長寿大国であるにも関わらず、歯周病や虫歯などのお口トラブルを世界の予防先進国と比較すると、日本の平均的な歯の残数は少ないと言われています。
長い時間をかけてできた習慣による生活習慣病を克服するのに比べれば、虫歯などを治すのは簡単です!それも、早いうちにさらに予防することができれば、お口のトラブルによって低下した免疫によって引き起こされる細菌の感染リスクを抑えることができるのです。
また、抑えるのは感染リスクだけではありません。
検診費用は保険が付いて平均3000円から(保険外で6000円から8000円)が相場です。疾病により継続的な治療が必要になる費用を考えると、定期的な検診は費用も抑えることにも繋がります。

ここでは、歯周病などのお口トラブルの要因や予防策、また予防後進国と言われる日本の現状に合わせたように進化していく定期的な歯科受診のシステムなどについてご紹介していきます。

おすすめリンク

矯正歯科を京都で探す

京都市内でも有名?目立たない矯正をしてくれるので嬉しい!カウンセリングも丁寧だから安心!